単身赴任時の夫婦関係

単身赴任をすると夫婦関係がうなくいかない?

「単身赴任の夫婦はうまくいかなくなる」という話を聞いたことはありませんか。それは果たして本当なのでしょうか。答えは「その夫婦によって違う」です。うまくいく夫婦もあればうまくいかない夫婦もいるのが本当のところです。それでは、単身赴任を乗り越え、うまくいく方法とは何なのでしょうか。以下にご紹介していきます。

 

単身赴任におけるルールを決める

決まった時間にメールや電話をする、食事時間を離れて住む家族と合わせてビデオ通話で顔を見ながら食べる、月1回は帰省する、子供の誕生日や学校関係などイベント事には帰省して参加するなど連絡頻度や帰省頻度についてルールを決めておきましょう。

 

離れて住む単身赴任で一番重要なのはコミュニケーションを密に取ることです。なかなか会えないからこそ深まる絆もあります。常に家族を感じることで、単身赴任が寂しくないと思わせるようにしましょう。

 

経済面での管理もしっかりと

単身赴任は経済的負担が大きくなりがちです。特に男の人は節約が不得意な人が多いので、放っておくと大変なことになります。そこで小遣い制を採る夫婦も多いかと思いますが、ここで小遣いの金額を巡って喧嘩ばかりになる夫婦もいるのではないでしょうか。

 

単身赴任生活の平均額は7万円程度と言われています。小遣いは少なすぎても多すぎでもいけません。少なすぎると誰かに頼るようになるかもしれませんし、その相手が異性で男女の関係に発展することもあり得ます。平均額よりもっと請求する場合には、もしかするとすでに浮気相手がいて、その交際費に必要なのかもしれません。

 

このように単身赴任の夫婦はルールを作り、まめに連絡を取ることですれ違いを避けることができます。小遣いに関しても平均くらいで設定すると、夫婦関係が良好に行くことでしょう。平均額をはるかに超える小遣いの請求の場合はどんな理由で必要なのか確認してください。もしも引っかかる点があれば浮気をしている可能性もありますので、注意が必要です。ここで紹介した乗り切り方をぜひ実践して、単身赴任期間を夫婦円満に乗り切るようにしてください。

 

⇒単身赴任中の浮気調査は探偵・興信所相談窓口