単身赴任の期間

単身赴任の期間は?平均期間はどれくらい?

転勤を言い渡されて、配偶者の仕事や子供の学校の関係などで、単身赴任を考えている、もしくは現在単身赴任のために家族が離れて暮らしている、そんな方は「では一体いつまで単身赴任なのか」ということは非常に気になるところだと思います。赴任期間が単身を選択するかどうかの決定打になるということもあるでしょう。単身赴任の期間は実際何年くらいなのでしょうか。

 

単身赴任の期間は会社や職種によります。1年程の短期の場合もあれば、20年という長期にわたっての赴任もあります。平均期間は3年程といわれていますが、実際はかなり幅がるので、平均はあまり参考にはならないかもしれません。一番は会社の同僚や上司に聞いてもらうか、現在単身赴任している社員の現状をリサーチすることでしょう。

 

しかし中には期間が定まらず、実質無期限での赴任を命令されることもあります。半年や1年など短期間での移動であれば、単身赴任も視野に入れてもいいかもしれませんが、無期限など長期の可能性がある場合の単身赴任は転勤する人も、残された家族もよほどの覚悟と家族間の絆が必要になります。

 

一緒に住んで、生活を共にすることに家族の意味があることも事実ですので、離れて住む家族という形をとる場合には週末には家に帰ることや、家族で集まること、一日一回は連絡をとることなど決まり事を設定し、コミュニケーションを積極的にとる工夫をするなどしたほうがいいかもしれませんね。

 

併せて読まれているページ
⇒単身赴任とは?
⇒単身赴任中の税金や各種控除
⇒単身赴任の帰省回数や費用負担
⇒単身赴任で必要なもの
⇒単身赴任のメリット・デメリット
⇒単身赴任の食事や栄養バランス
⇒単身赴任中の浮気調査相談・依頼