単身赴任のメリット・デメリット

単身赴任のメリット・デメリットについて

単身赴任にはどんなメリット,デメリットがあるのでしょうか。こちらではそんな悩みに答えていきたいと思います。

 

単身赴任のメリット

妻の家事労働が軽くなる、共働きの場合は妻が仕事を続けられるのでキャリアを作ることができる、子どもが転校しなくてよい、帰省したときに夫婦間で新鮮な気持ちになれるなどです。

 

妻のキャリアが形成できると家庭内収入も増え、経済面ではかなり違ってきます。また子どもの転校についても、仲の良い友達と離れて新しい環境に行くことは大きなストレスに違いありません。いじめなどのトラブルを考えると転校することはできるだけ避けたいですよね。それに受験のことを考慮すると、地域によって学習レベルに差がありますし、受験時に内申点が関係する場合も多々あります。そのため受験時に転勤となると単身赴任のかたちをとることがベターです。

 

単身赴任のデメリット

日常に起こったことは夫に頼らず、自分で解決しなければならない、子育てを一人でしなければならない、二重生活になるため経済的な負担が増すことが多い、夫の食事の心配、母子の共依存関係のリスクが高まる、または父子関係が不安定になる可能性がある、浮気問題が起こるリスクが高まるなどです。

 

母子の関係はマザコン、子離れできないといったお互いがお互いを求める依存性です。それと対称に父子の関係は希薄になることもあります。このあたりは日頃からのコミュニケーションのとり方や意識をすることで防げるところでもあります。

 

また単身赴任した夫が浮気するリスクについてですが、単身赴任中の浮気や不倫はかなりの確率で起こります。今まで家族と過ごしてきて、寂しくない環境だったので、いざ一人暮らしになると孤独を感じて寂しいと思う人は多いものです。そこで心の隙間を埋めてくれる相手を探して不倫に至る場合があります。

 

このように単身赴任にはメリットもありますが、デメリットも多く存在します。とくに不倫については直接離婚に繋がってくる重大な問題ですので、単身赴任中の夫から連絡がないと不安に感じている場合は、もしかすると不倫しているかもしれませんよ。

 

併せて読まれているページ
⇒単身赴任とは?
⇒単身赴任中の税金や各種控除
⇒単身赴任の期間
⇒単身赴任の帰省回数や費用負担
⇒単身赴任で必要なもの
⇒単身赴任の食事や栄養バランス
⇒単身赴任中の浮気調査相談・依頼