単身赴任中の浮気不倫をきっかけに離婚する方法

単身赴任中の浮気不倫をきっかけに離婚する方法手順注意点

単身赴任中に浮気している夫は一説によると81%もいるといわれており、単身赴任の夫を待つ身である妻や妻が単身赴任をしている場合もそこまでとはいきませんが、高い確率となっています。

 

また単身赴任中に離婚する確率は同居の2倍というデータもあり、やはり旦那に不倫された妻から離婚を切り出すことが、多くなっています。なかには単身赴任中の夫が浮気したにも関わらず離婚しないという選択をする夫婦もいますが、その時は離婚しなかったとしても後で結局離婚に至る場合や夫婦関係がうまくいかなくなってしまうパターンも見受けられます。そこでこちらでは単身赴任中の旦那の浮気で離婚をする場合の離婚の方法、進め方、注意点についてお伝えしていきます。

 

離婚の種類

離婚には夫婦の話し合いで成立する協議離婚と家庭裁判所に申し立てる調停離婚と最高裁判所で判決する裁判離婚があります。大体が協議離婚で決着をつけますが、話し合いに応じてもらえず、相手に離婚してもらえない場合には裁判所での成立となります。

 

うまく離婚する方法

離婚を切り出したが、夫が離婚してくれないという相談はよくあります。「おおごとにしたくない」、「泥沼にはなりたくない」皆さん、そんな風に思うでしょう。それではうまく離婚するにはどのようにすればよいのでしょうか。

 

まず、なぜ夫が離婚を拒否するというと「夫婦喧嘩の延長」だと考えるからです。そのため、離婚を考えている妻が、旦那にそれを切り出す前にしておくことは「離婚が本気であることが伝わる話し方を考えておくこと」、「慰謝料や養育費、財産分与のこと決めておくこと」です。つまり離婚の事前準備をきっちりとしておいて、あとはこちらの言い分に従ってもらうだけという状況にしておきます。

 

また通常離婚事由のひとつとなる別居期間ですが、単身赴任期間は原則として別居期間とみなされません。しかし調停申し立てをして別居の内容で調停をまとめられることがありますし、夫の不倫が前提にあり単身赴任という選択をした場合には、不倫相手ができたことが理由で「別居宣言をした」と評価されることもあります。

 

単身赴任中の浮気が原因での慰謝料や財産分与

慰謝料の相場は結婚生活の年数や子供の有無、離婚理由など様々な要因によってかわってきますが、結婚生活3年で100万円、10年で300万円以下が一般的な相場です。しかし中には単身赴任と偽って不倫相手と暮らしていたという悪質なケースも見られ、その場合には高額の慰謝料請求ができます。

 

慰謝料の他にも車、家、土地、貯蓄、株や投資信託、保険積み立て等の財産分与や、子供がいる場合には、養育費の請求ができます。養育費は子供が成人するまでと言われていますが、初めに大学卒業までと設定していた方が良いと思います。

 

単身赴任からの離婚の注意点

単身赴任中の夫の浮気に気付いてしまったら、離婚を考えますよね。離婚を考えているなら絶対にとっておきたいものが「証拠」です。しかも前述のように離婚がうまく進むようにしたり、慰謝料の請求がスムーズにいくようにしたりするには「効力をもつ証拠」が必要です。それはどんな証拠かというと「不貞行為を裏付ける証拠」です。

 

不貞行為の現場を押さえる為には、尾行や張り込みが必要になります。それを自分でしようとすることはリスクを伴うことになります。しかもストーカー法に触れて、こちらが不利になることも考えられます。

 

そこで探偵や興信所等の浮気調査のプロに「証拠集め」を依頼することが最善の策と言えます。自分で証拠を集めるよりも、ずっと確実に、効力のある証拠が掴めます。

 

またこちらでは夫の浮気を前提にしてきましたが、単身赴任中の妻に浮気された場合や単身赴任の夫がいる妻が不倫していた場合も同じです。まずは信頼できる探偵や興信所を見つけて、相談してみましょう。

 

⇒単身赴任中の浮気調査相談・見積もり依頼窓口