単身赴任の食事や栄養バランス

単身赴任生活で困る食事や栄養バランスについて

夫の単身赴任生活で一番心配なのは食事です。「料理男子」という言葉がありますが、男性で料理をする人はまだまだ少ないのが現状です。それに加え、仕事から帰ってきて、一から料理を作るパワーは残っていないでしょう。しかも家事は料理だけではありません。掃除、洗濯、食べたあとの洗い物、そんなことを考えると、「外食でいいや」、「カップラーメンで済ませよう」そんな人もいるでしょう。

 

しかしそれでは栄養バランスが偏ってしまいます。それでは単身赴任生活の食事をサポートするために妻ができることを考えていきましょう。

 

おかずをも持たせる、おかずを送る

帰省した時にお土産として、おかずを持たせる方法がひとつです。一週間に一回車で帰省するのであれば、一週間分のおかずのストックを持たせましょう。しかし帰省しない場合や帰省の交通機関が公共機関で、荷物になるので持って帰れない場合はおかずをクール便で送る方法もあります。

 

宅配の食事を契約する

最近では食事の宅配サービスも増えています。割とどの地域でもやっているので赴任先に宅配してくれる会社を探し、契約するとよいでしょう。栄養士さんが献立を考えてくれている会社もあるので、栄養管理はばっちりですね。

 

素早く簡単に作れる栄養満点のレシピを教える

料理初心者でも簡単に作れるレシピを教えてあげましょう。オリジナルレシピでも構いませんし、クックパッドなどで検索すれば単身赴任の人向けのレシピも多数見つかります。これらをメールや冊子にまとめて伝授しましょう。作った料理を写メで送ってもらえば、夫婦間のコミュニケーションにもなりますね。

 

このように単身赴任の夫の食事をサポートする方法はあります。食事は健康の基本ですので、ぜひ栄養管理してあげてください。また食事中はSkypeなどのビデオ通話で家族と通信しながら食べるのもいいですね。工夫次第で離れていても家族だんらんの時間を作ることができます。

 

レトルトやインスタント、外食ばかりだと「手料理が食べたい」と思う男性は多いものです。そんな時、食事を作ってくれる女性が現れたりするとコロッといってしまうので、単身赴任の食事をサポートすることは栄養管理だけではなく、実は浮気防止にもなるのです。

 

併せて読まれているページ
⇒単身赴任とは?
⇒単身赴任中の税金や各種控除
⇒単身赴任の期間
⇒単身赴任の帰省回数や費用負担
⇒単身赴任で必要なもの
⇒単身赴任のメリット・デメリット
⇒単身赴任中の浮気調査相談・依頼