単身赴任とは?

単身赴任とは?単身赴任命令が出る事情や各種要件など

単身赴任とは、労働の形態の一つで、定義は家族持ちの人に正式な転勤の辞令が出た時に、家族と離れて暮らす事を選択することで、つまり文字通りの意味ですが「単身」で「赴任」することです。その事情は各家庭で様々ですが、配偶者の仕事の関係や、子供の学校関係が理由で単身赴任を選択することが多くなっています。単身赴任は男女に関わらず起こりうるので、夫の単身赴任だけでなく、妻の単身赴任もあります。

 

基本的には赴任となる転勤の命令を断ることはできませんが、悪意または不公平な判断等によって下された転勤の命令などの不当労働行為や単身生活により生活が成り立たなくなる場合、例えば病気や障害常に介護が必要な家族がいる場合などは拒否できる場こともあります。

 

では長期出張と単身赴任との違いはどこにあるのでしょうか?通常業務の延長で赴く場合が長期出張で、昇進や担当業務の変更などで転勤の辞令が出た場合に家族を残して一人で転居する場合を単身赴任といいます。

 

また出張の場合は、日当や食事代が支給されるのに対し、単身赴任の場合は、転勤ですので単身赴任規程により単身赴任手当が決められていたり、家族が住む場所への帰省手当が支給されたりします。その手当支給要件は会社によって異なり、手当の金額もそれぞれです。平均では3万円から6万円といわれていて、それでは生活するのに足りないと不満を持つ人も少なくありません。

 

このように単身赴任とは転勤の命令が下されて、各家庭の事情を考慮したうえでとられる手段のことで、単身赴任手当は出ますが、家族が別々に暮らすので、結果マイナスになってしまうこともあります。転勤の命令があった時に単身か家族で引っ越しかの選択は慎重になった方がよさそうです。

 

併せて読まれているページ
⇒単身赴任中の税金や各種控除
⇒単身赴任の期間
⇒単身赴任の帰省回数や費用負担
⇒単身赴任で必要なもの
⇒単身赴任のメリット・デメリット
⇒単身赴任の食事や栄養バランス
⇒単身赴任中の浮気調査相談・依頼